大企業OBのアドバスを受けつつ起業を始める方法

若者の中には、何かアイディアを持ち、それをベースに起業したいと考える人も少なく無いでしょう。しかし、アイディアがあってもそれをどの様にして事業化すれば良いのか、何から始めれば可能性が生まれるのか分からず、結局断念してサラリーマンになる若者も少なからずいるものです。

 

地方自治体や商工会議所などは、こうした若者を支援するために起業塾などを開催しており、起業に向けてのステップの概要はこうした所で身に付ければ良いでしょう。

 

しかし、起業ステップが分かっても、それを自分1人や若い仲間とだけで推進するのは、やはり中々困難なものです。それは、実際のビジネス経験がない事に起因する場合が多いのです。こうした不足するスキルをカバーするために、大企業で事業部経営等に関わって来た企業OBに参画してもらう方法を考えてはどうでしょうか。

 

大企業での事業部制は1つの独立した中小企業と同様の運用をされている事が多く、そこで経営に関わって来た人は、様々な知識やスキルを持っており、また人脈も豊富です。しかも、老後は企業年金などであくせく働く必要がない人が多く、若者の想いに共感してくれれば、安い給料や場合によってはボランティアで支援してくれます。

 

起業塾などを通じてこうした人材を紹介してもらい、自分の熱意で起業にを支援してもらえるように働きかけて見るのも良いでしょう。創業融資の手続きについてもアドバイスをもらえるかもしれません。

 

起業には、こうした自分に足りないものを知り、それをカバーする手段を考え、まずはぶつかって行く事も重要なのです。

<PR>

女性の人生|内職 アルバイト |マッサージのリアル口コミ.com |工務店向け集客ノウハウ|英語上達の秘訣|アフィリエイト相互リンク |初値予想|住宅リフォーム総合情報 |お小遣いNET|生命保険の選び方|健康マニアによる無病ライフ |JALカード |お家の見直ししま専科|女性向けエステ.com |童話|GetMoney|

Back to Top